未分類

PDCAサイクル

投稿日:

PDCAサイクルとは

PDCAサイクルは、エドワーズ・デミングとウェルターAシューハートによって第2次世界大戦後に提唱されました。PDCAとは、PLAN(計画)・DO(実行)・CHECK(評価)・ACT(改善)の頭文字を並べたものです。この4つのステップのサイクルを回してらせん状に向上させる事で、効率的かつ効率よく、継続的に「質」を高めていくマネジメント手法の一つです。

PDCAサイクルの各ステップで行う事

PLAN:目的や目標を具体的に(目標数字を入れて)設定する。そして、実施計画を作成し、評価方法を決定する。
DO:計画に沿って実施する。
CHECK:実施内容が計画に沿っているか、目標達成できたかなどを確認する。
ACT:実施状況が目標や実施方法などの計画に沿っていない場合、ズレがある部分を調べて適切な処置をとる段階。問題がない場合は現状を維持して次の実施に移り、問題がある場合は処置後に計画を修正し、次のサイクルに移る。

PDCAサイクルはスパイラルアップ

スパイラルアップは、P-D-C-Aを平面上で回すのではなく、「らせん」を描くように1周ごとにPDCAサイクルを向上させて継続的に改善を図っていこうとする考え方です。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

マネジメントって何?

マネジメント(management)をgoogle翻訳してみると「管理」と出ます。これを鵜呑みにしてはダメです! ある仕事での一コマ! 〜2人の部長(A、B)の会話〜部長A:「国の政策は、組織をマネジ …

no image

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

no image

はじめまして、マネジメント

はじめまして、マネジメント。今日から新しいマネジメントライフ。