未分類

マネジメントって何?

投稿日:2020年1月29日 更新日:

マネジメント(management)をgoogle翻訳してみると「管理」と出ます。これを鵜呑みにしてはダメです!

ある仕事での一コマ!

〜2人の部長(A、B)の会話〜

部長A:「国の政策は、組織をマネジメントすることを望んでいるので、そちらの部署にマネジメントシステムを導入することをお勧めします。」

部長B:「うちの部署は、しっかりマネジメントできていますよ。会議を行い委員会活動をしていますし、議事録もつけています。教育訓練も行っています。」

部長A:『部長Bは、マネジメントという言葉の意味を理解していないなぁ。マネジメントと管理する事は違うのに・・・。』

マネジメントとは!

マネジメントとは、ある目的の実現に向けて明確な目標を設定し、その達成を目指した活動です。
”manage”は、マネジメントの動詞です。manageは、①(人が)経営する。管理する。(チームなどの)監督をする。②(人が)(扱いにくい)人・物・事をうまく取り扱う。巧みに操作する。・・・・などの意味を持ちます。(ジーニアス英和大辞典)

マネジメントのキーワードは、「目的」と「目標」です。マネジメントは、目的や目標を設定し、それを達成するための活動とも言えます。

マネジメントの定義は数多くありますが、このブログではポール・ハーシィらによる定義を基に解説していきたいと思います。

定義「個人、集団、およびその他(設備、資本、技術など)のリソースを通して、または、これらリソースとともに組織目標の達成を目指して働く過程」

部長Aと部長Bの「マネジメント」に対する考え方は、異なっている!

〜2人のマネジメントに対する考え方〜
部長A:マネジメントとは、ある目的の実現に向けて明確な目標を設定し、その達成を目指した活動です。
部長B:会議を行い委員会活動をし、議事録をつけ、教育訓練する事です。

この2人の考え方は大きく異なります。1970〜1990年代なら部長Bは通用したかもしれませんが、現在では通用しません。
理由は、部長Aの考え方が真実だからです。(1970〜1990年代は、日本の高度経済成長時代であったため、個人や組織が成長しなくても経済が良くなっていた。しかし、アメリカではこの時代に多くのマネジメント研究が行われ、多くの法則が導き出されました。論文になっていないレベルの研究も多くあり、レイAクロックの法則もその一つです。)

部長Bは、「現状で何も問題が起きていないので、今のままで良い」というかもしれません。そして、そのまま何もしなければ「現状維持は後退の始まり」になります。

部長Bはどうしたらよいのでしょうか?

答え:部長Bのマネジメントの考え方に目的と目標を入れる!

すなわち、
マネジメントとは目的達成のために具体的な目標を設定し会議を行い委員会活動をし、議事録をつけ、教育訓練する事です。

完璧なマネジメントの説明になりました。

マネジメントのキーワードは、目的と目標です!

このキーワードを忘れないでください!!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

はじめまして、マネジメント

はじめまして、マネジメント。今日から新しいマネジメントライフ。

no image

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

no image

PDCAサイクル

PDCAサイクルとは PDCAサイクルは、エドワーズ・デミングとウェルターAシューハートによって第2次世界大戦後に提唱されました。PDCAとは、PLAN(計画)・DO(実行)・CHECK(評価)・AC …